週刊文春 電子版

「私は『くら寿司』をパワハラで提訴する」従業員から悲痛告発が続々

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業

「10年以上勤めてきて、数々のパワハラを受けてきました。『死にたい』『消えたい』と思ったこともある。それでも会社に変わってほしくて交渉をしてきました。しかし結局、何一つ変わらなかった。私はくら寿司を提訴します」

 こう語るのは、大手寿司チェーン・くら寿司の現役従業員である。

 4月1日、山梨県甲府市にある「無添くら寿司」で店長を務めていた中村良介さん(仮名・享年39)が店の駐車場で焼身自殺するという事件が起こった。

中村店長が乗っていた車

 小誌はこれまで2度にわたり、死の背景に上司のパワハラがあったこと、生前の中村さんが〈死ぬことばかり考えて仕事してる〉などとツイートしていたこと、くら寿司社員が遺族を「文春さんとかに喋るんやったら訴えますよ」と恫喝したことなどを報じてきた。

生前に投稿していたツイート

 くら寿司は東証プライムに上場する回転寿司業界の最大手企業だ。国内外の店舗数は567、従業員数は社員・パート・アルバイトを合わせると、1万8524名にのぼる(2021年10月末時点)。

 中村さんの焼身自殺は、くら寿司の従業員、元従業員たちに衝撃を与えた。

「私もパワハラを受けました」。小誌編集部には今、こうした告発が続々と寄せられている。

「小突かれることなんか日常茶飯事。ミスをすれば暴言を吐かれたり、無視されたりもします」

 こう語るのは、元社員のAさんだ。2009年に新卒で入社。東日本エリアの店舗で勤務していた。

 Aさんが振り返る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる