週刊文春 電子版

「第一発見者」の謎と美咲ちゃん母「960日の戦い」

中傷、姉は不登校に

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 清流がせせらぎ、四季の表情豊かな山々に囲まれた山梨県道志村は、キャンプの聖地として知られる。

 2019年9月21日の午後。千葉県成田市から同村のキャンプ場を訪れていた小学1年生・小倉美咲ちゃん(当時7)が、忽然と姿を消した――。急転直下の展開を迎えたのは、2年7カ月が経過した今年4月25日のことだ。

公式HPで美咲ちゃんの情報を求めている

「人の骨のようなものを見つけました」

 その2日前、独自に美咲ちゃんを捜索していたというボランティアの40代男性が、山道脇にある枯れ沢付近の斜面に数センチ四方の骨片を発見。一旦は帰宅したものの、25日に再び現地を訪れ、山梨県警道志駐在所に届け出たのだ。

 県警が骨を回収して調べた結果、死後数年が経過した子供らしき頭部の一部と判明する。

「劣化が激しく、個人を特定するDNA型は検出されませんでした。性別も不明です」(社会部記者)

 その後、県警が枯れ沢を中心に捜索すると、5月4日までに左右の靴、片方の靴下、黒い長袖のハイネックが相次いで発見されたほか、人の肩甲骨とみられる骨も見つかった。靴や衣類は、失踪時の美咲ちゃんが身に着けていたものに類似しているという。

 現場は美咲ちゃんが最後に目撃された場所から東に約600メートルの地点。かつて捜索活動に参加した地元住民はこう首を傾げる。

全く見えない発見者の“顔”

「あの枯れ沢は過去に自衛隊と一緒に何度もローラー捜索した場所。なぜ今頃になって骨や衣類が出てきたのか。それに、豪雨などで沢の上流から流されてきたとすれば、急斜面の山をかなりの高度まで登ったことになる。みんな『子供の足であり得ない』と言ってるよ。そもそも、見つけた人がどこの誰なのか、地元の人間も一切知らないんです」

 事態を動かした“第一発見者”の肉声を得ようとメディアも動いたが、前出の記者はこう打ち明ける。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる