週刊文春 電子版

知床 20歳下再婚妻に馬 2世社長と偽医師

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

「事故の原因も分からない」。そう言って会見で土下座した知床遊覧船の“2世社長”。だが背景にあるのは、安全を軽視し、コストカットに走った経営体質に他ならない。しかも、その傍らでは篠原涼子似の年下妻に――。

 

▶︎「船、ホテルを買え」東京のコンサルにそそのかされ…
▶︎遭難船長“事故隠蔽”大阪の船会社をクビの過去
▶︎遺族が怒ったNHK TBSの取材手法とは…

ウトロ港に停泊する遊覧船

「改修が必要なの? 船にはお金はかけられない」

 そう口にしていた男が町役場に婚姻届を提出したのは、2018年6月25日のことだった。その7年ほど前に同世代の妻と離婚した彼にとっては、2度目の結婚。すでに54歳になっていたが、今度の相手は、20歳下の美女だった。

 船への設備投資を拒んだ一方で、新妻にはこう嘯いたという。

「俺が何でも買ってやるからさ」――。

 それから4年近くが経った今年4月23日、知床半島沖で消息を絶った観光船「KAZU Ⅰ」。乗客14人が死亡し、乗員を含む12人が依然として行方不明のままだ(5月9日現在)。

「『㈲知床遊覧船』の桂田精一社長(58)は4月27日、記者会見を開き、土下座で謝罪を行いました。ただ、『事故の原因も分からない』といった無責任な発言に非難が集中しています」(社会部デスク)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月19日号

文春リークス
閉じる