週刊文春 電子版

秋篠宮vs.小室圭さん 断絶は「隠し録音」で生まれた

「週刊文春」編集部
ニュース 皇室

 秋篠宮の「肉声」によって明らかになった圭さんへの抜きがたい不信。きっかけは2018年春に生まれていた。問題になったのは、圭さんの収入でも金銭トラブルでもなかった。

 異例の“肉声”が波紋を広げている。元毎日新聞編集委員でジャーナリストの江森敬治氏が、31年間にわたり親交を結んできた秋篠宮とのやりとりを綴った著書『秋篠宮』(小学館刊)だ。

肉声が明らかになった秋篠宮
紀子さま

 江森氏が同書のための取材を始めたのは17年6月。折しも、秋篠宮家の長女・眞子さんと小室圭さんの婚約内定をNHKがスクープした翌月のことだ。江森氏はそこから22年1月まで、計37回にわたって秋篠宮を対面取材。そのため、同書での秋篠宮とのやりとりからは、混迷を極めた眞子さんの結婚問題について、その都度の秋篠宮の“本音”が滲む。

圭さんの母・佳代さん

 中でも関係者が注目しているのが、17年12月に圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルが報じられて以降の、圭さんに対する秋篠宮のお気持ちの移り変わりだ。

「秋篠宮さまは眞子さんの結婚後の昨年11月の誕生日会見で、圭さんを『娘の夫』、『夫の方(ほう)』と呼び、名前を一切口にされなかった。それだけ圭さんに拒絶反応を示しておられたわけですが、一方で、娘婿との間に“断絶”が生まれた決定的な理由について、明かされることはありませんでした」(宮内庁担当記者)

7月に3度目の司法試験に挑む圭さん

 小誌は江森氏の著書や関係者への取材をもとに、当時、秋篠宮と圭さんの間で何があったのかを改めて検証した。そこから浮かび上がってきたのは、秋篠宮が圭さんに抱く不信感の“核心部分”だった。

 江森氏が17年6月に面会した際の秋篠宮は、娘の婚約内定を心から喜んでおられたという。圭さんは当時、奧野総合法律事務所でパラリーガルとして働いていた。年収が約300万円と報じられ、生活基盤を懸念する向きもあった。しかし秋篠宮は、一向に意に介さない様子で、江森氏にこう語られた。

「パラリーガルのままでもよいですよ」

「二人が身の丈にあった生活をすればよいのではないでしょうか」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる