週刊文春 電子版

職場復帰に「お引取りを」最高裁をも恐れぬ神社本庁

THIS WEEK「社会」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 内部告発を理由に懲戒解雇されたのは不当だとして、「神社本庁」元総合研究部長の稲貴夫(いなたかお)氏(62)が処分無効を訴えていた裁判。最高裁は4月21日、神社本庁側の上告を退けた。

「稲氏は16年12月、神社本庁が不動産を不当に安く売却していたことは背任行為にあたるなどとする文書を配布。これに対し、神社本庁は17年8月、稲氏を懲戒解雇した。そこから4年半にわたり裁判が続きましたが、先日、判決が確定し、晴れて稲氏の“職場復帰”が決まったというわけです」(神社本庁関係者)

神社本庁からの〈自宅待機命令〉

 判決確定から四日後の4月25日朝9時前、代々木にある神社本庁事務所に出勤したのだが――。

 待ち構えていた神社本庁の代理人弁護士から、立ち入りを拒まれてしまう。

「(復職の)挨拶だけでもさせて欲しい。難しければ(神社本庁の神殿に)お参りだけでもさせて欲しい」

 そうお願いする稲氏。だが、代理人弁護士は、

「業務命令として今日はお引取り下さい。ご苦労様でした!」

 と一歩も引かない。同行していた稲氏の友人が土下座をして頭を下げたものの、神社本庁側の対応は変わらなかった。結局、登庁どころか敷地内に立ち入ることも出来なかったという。その約4時間後、新たに〈自宅待機を命じます〉とのFAXが届いたのだった。

 稲氏本人が振り返る。

「今後は神社界の正常化に貢献したいと思っていたのですが……挨拶もお参りも認められないのか、と唖然としました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる