週刊文春 電子版

北朝鮮“コロナ大動乱”を招いた賄賂、ビール瓶点滴、変色脱脂綿

THIS WEEK「国際」

牧野 愛博
ニュース 国際

 ついに新型コロナウィルスが北朝鮮を直撃した。朝鮮中央通信は5月12日、「平壌の団体で8日、オミクロン株に感染した人が確認された」と伝えた。15日までに発熱した人が120万人以上にのぼり、50人が亡くなった。日本なら約600万人の感染者が出たレベルだ。12日から全土で完全封鎖(ロックダウン)が開始。自らもマスクの着用を始めた金正恩総書記が、「建国以来の大動乱」と表現する混乱ぶりだ。

初めてマスク姿を見せた金正恩

 複数の脱北者の証言によれば北朝鮮当局は、中国との貿易が原因だと分析している。北朝鮮は緊急時に海路で中朝貿易を続けていたほか、今年1月から鉄路での中朝貿易を再開した。外貨を稼げる貿易事業は、党や軍、政府の幹部が独占している。感染の発生が中朝国境ではなく、平壌だったのは、中央の幹部が貿易に携わっていたためだという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる