週刊文春 電子版

小泉悠「ウクライナ、ロシアともに夏が勝負」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 国際

「戦争が始まったら、ロシア軍が圧倒的だと思っていたのですが、ウクライナ軍がいま攻勢をかけている。私の観察眼が甘かった。そう反省しています」

 そう述べるのは、東京大先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏だ。ロシアの軍事・安全保障政策が専門。著書『現代ロシアの軍事戦略』(ちくま新書)は増刷を重ね、8万部を超えた。小泉氏が、ウクライナの戦況を徹底分析する。

軍事評論家でもある小泉氏

 2月24日、ウクライナへ仕掛けられたプーチンの戦争は、電撃戦でロシアが勝利するという予想に反し、膠着状態に陥った。ロシア軍の死者は2万人以上とも言われ、甚大な損害を負っているとみられる。小泉氏はこう分析する。

「最初の1カ月をウクライナが凌ぎ切ったことが大きい。ロシアは首都キーウ攻略を諦め、東部制圧に方針転換せざるを得なくなった」

 さらに5月9日の対独戦勝記念日までの、東部ドンバス地方の制圧も果たせていない。初期段階での制圧を目論んでいた北東部ハルキウからも撤退を開始した。

ハルキウのウクライナ兵

「至上命題だった第二の都市・ハルキウを攻略できなかったのは相当苦しい。5月に入りウクライナが激しく反攻を仕掛け、ロシア軍は周辺のドネツ川で橋を落とすなど、守勢に回らざるを得なかった。ハルキウ南東のイジュームを起点に南下を狙ったがそれも出来ていない。このまま押し込まれると補給路も断たれる。こんな状況になるとは……」

 意外な戦況は、なぜ生まれたのか。そこには三つの理由があるという。

数の上で劣勢だったロシア

「一つ目は目的意識の差です。ロシア軍兵士は侵攻の目的を見いだせぬまま戦わされているのに対し、ウクライナ兵には『祖国防衛』という強い目的があります。ゼレンスキー大統領がキーウに残ると決めたことも大きい。当初、米国は殺害の恐れもあるとして国外避難を働きかけましたが、ゼレンスキーは申し出を拒否。ウクライナ軍も奮起した」

兵を鼓舞し続けているゼレンスキー

 二つ目は軍隊の規模だ。

「今回、ロシア軍は数の上で劣勢だった可能性があるのです。もともとウクライナ軍は旧ソ連の国々の中で2番目、ロシア軍の次に大きい軍隊です。さらに2014年のクリミア危機以後、延べ数10万人を動員。常時10万人単位を予備役で召集していた。今は国家総動員もかけている。公表されてはいませんが、ロシア兵の総数20万を上回っていてもおかしくない。またクリミア危機以来、8年間もロシア軍相手に東部で戦ってきた実戦経験もある」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる