週刊文春 電子版

廣瀬陽子「習近平に頭が上がらなくなった」

プーチン「3つの誤算」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 国際

 国際政治を専門とする慶應義塾大学の廣瀬陽子教授は、激変するロシアと中国の関係性をこう指摘する。

「ロシアにとっては、もはや頼れるパートナーは中国しかいないと言っていい」

廣瀬氏(慶應大HPより)

 ロシアがウクライナに侵攻したのが2月24日。中国が威信をかけて開催した北京五輪閉幕4日後で、パラリンピック開幕8日前のことだった。

「2月4日のプーチンと習近平国家主席の会談。ウクライナ侵攻をほのめかしたプーチンに対し、習近平は『五輪期間中は避けてくれ』と頼んだと言われています。プーチンの目算としては、2日ほどで首都キーウを落とせるはずだった。しかし予想外に戦闘が長期化し、パラリンピック前に終わるどころか大規模化してしまった。習近平にとっても想定外だったでしょう」

 

 頻繁に合同軍事演習や首脳会談を行うなど、「蜜月」の印象が強い中ロ関係。ただ緊張が続いた時代も長かった。ソ連時代の1969年には極東アムール川周辺で国境をめぐる軍事衝突があり、2004年まで解決しなかった。カザフスタンなど中央アジアや旧ソ連諸国での影響力を巡る争いも根深い。また中国は、ソ連時代に軍需産業の拠点であったウクライナと良好な関係を築いており、近年も軍事技術や空母、石炭や穀物などを大量に輸入している。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる