週刊文春 電子版

「有休がもらえない」くら寿司に新たな労基法違反疑惑

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業 働き方

 現役店長の焼身自殺をきっかけに明るみに出た大手回転寿司チェーン「無添くら寿司」の過酷な労働環境。今回、新たに「有給休暇の取得」を巡る疑惑が……。

創業者・田中邦彦社長

 小誌はこれまで5週にわたり、くら寿司従業員のパワハラ被害などを報道。先週号では、複数の店舗で店長が自腹でアルバイトの給与を支払う“自爆雇用”が行われていたこと、その背景に慢性的な人手不足があることなどを報じた。

 すると先週号の発売直後、くら寿司に異変が起きた。HPのパート・アルバイト数が書き換えられたのだ。5月16日に小誌が確認した際は1万6339人だったが、5月21日にHPを見ると4万1339人に。突如2万5000人も“激増”したのだった。

 

 そんな中、新たな情報が寄せられた。

「くら寿司は、まともに従業員に有給休暇を取らせる気がありません」

 こう語るのは、17年4月から20年10月まで宮崎県の店舗などで勤務していた元社員Aさんだ。

 有休は法律で定められた労働者の権利。要件を満たせば、正規雇用・非正規雇用を問わず付与される。

 Aさんが憤る。

「18年、副店長だった時にアルバイトに有休の存在を教えてあげたんです。すると店長に『なぜ会社の不利益になるようなことをする。要らんことを言うな!』と叱責された。そのアルバイトは有休取得を希望しましたが、店長に『お前は勤務態度が悪いからダメ』と“拒絶”されました」

 Aさんは「有休を勝手に消化された」とも明かす。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる