週刊文春 電子版

わいせつ逮捕後に自殺 練馬中学教師の厚すぎる人望

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「僕たちにもチャンスがほしかった。逮捕された以上教員は続けられないだろうから、次はみんなで先生を助けようって話していた直後でした。先生を救えなかった。そこが一番悔しい」

 教え子は涙を堪え、恩師との別れを悔やんだ。

 5月21日未明、東京都練馬区立中学校の英語教諭・石井武秀容疑者(37)が自ら命を絶った。

生徒たちに囲まれる石井容疑者

「自宅から4㎞ほどの高層団地から飛び降り、倒れていたところを5時25分頃、通行人が発見し、死亡が確認された」(捜査関係者)

 石井容疑者はトイレ掃除をサボっていた男子生徒を注意したのち、肩を組んで体を触るなど、わいせつな行為をしたとの疑いで18日に逮捕。スキンシップのつもりだったと容疑を認め、20日夜に釈放されたばかりだった。

 都内の私立大を卒業後、都の中学教諭となった石井容疑者。5年以上勤めた前任校を後に、当該中学へは昨年4月に異動した。

 だが、元教え子たちの語る石井容疑者は、“わいせつ教諭”とは様相を異にするものだった。前任校の元生徒が語る。

「ダンス部の顧問を兼任しながら、サッカー部では何十年かぶりに都大会に出場。予選で勝った時は誰より先生が一番泣いてた(笑)。勉強についていけない子の補習をしたり、いつ寝てるんだろうと思ってました。進路指導の担当もしていて、進学先の見学にも一緒に行ってくれた」

 近隣住民によれば、石井容疑者の自宅には休みになると大勢の生徒が自転車に乗って集まったという。

「避難所みたいな大切な場所だった。親との折り合いが微妙だった子は毎日のように先生の家に泊まらせてもらっていました。お母さんも『先生の家なら安心』と了解の上で」(別の元生徒)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる