週刊文春 電子版

無料公開中

「先生がいなかったら今、自分はいない」強制わいせつで逮捕され命を絶った練馬中学教師「本当の顔」

葬儀では泣き崩れる生徒も

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 5月28日午前。東京・練馬区の、石神井川のほとりに佇むこぢんまりとした斎場に、溢れんばかりの弔問客が詰めかけた。収容人数100人の会場に300人超の行列。その多くは、20歳前後の青年や、10代の学生たち。彼らは最愛の恩師に別れを告げた――。

 1週間前の5月21日未明、練馬区立のA中学校教諭・石井武秀容疑者(37)が自ら命を絶った。18日に教え子の男子生徒への強制わいせつ罪で逮捕され、釈放された直後の出来事であった。

教え子たちと卒業を祝う石井武秀容疑者(37)

 だが、教え子たちの証言から浮かび上がったのは、“わいせつ教諭”とは様相を異にするひとりの教師の実像だった。

〈男子生徒にわいせつ容疑 中学教諭を逮捕〉

 新聞各社による一報は、教え子たちに衝撃を与えた。報道では、トイレの個室に男子生徒を連れ込み、股間を触るなどわいせつな行為に及んだとされた。

「うそだ、先生がそんなことするはずがない……」

 昨年、石井容疑者が卒業を見送った元教え子の一人は目を疑った。周りにも、石井容疑者の“加害”を信じる者はいなかったという。

「男女問わず、分け隔てなく本当に誰からも愛された先生でした。運動部だったこともあってか男子にはスキンシップが多い。頭を触ったり、肩を組んだり。時には尻を叩いたり、股間を触ることもあったけど、よくある男子同士のじゃれ合い。正直、気持ち悪いと思ったことは一度もないし、周りからそんな声を聞いたこともなかった。事実として触ったには触ったんだろうけど、それっていつものノリじゃないか……。それが僕たちの一致する見方でした」

 報道の背景を社会部記者が語る。

「逮捕情報を受け、学校関係者や教育委員会にも取材しましたが、他に問題行動を指摘する声は不思議なほど確認できなかった。いち早く速報を出した社があった一方で、悪質性がないと判断し報道を見送った社もあった」

「みんなで『先生、大丈夫?』って」

 報道を受けて、ネット上には石井容疑者の身元や所属中学などを特定するいわゆる「まとめサイト」が次々立ち上がる。だが、生徒たちの受け止めは異なるものだった。逮捕後にも複数の生徒や保護者が心境を気遣う電話やメッセージを石井容疑者の携帯に寄せていたという。

「みんなで『先生、大丈夫?』って。先生から返信はなかったけど、後から聞いたら捜査のために警察に携帯を取り上げられていたから、みんなからの着信もメッセージも見られていなかったみたいで。先生のことを信じる気持ちは一切揺るがなかったけど、逮捕された以上は教師を続けられないかもしれない。『今度は俺たちが先生を助けよう』って話していた矢先の出来事でした」(別の元教え子)

 石井容疑者はいまどきには珍しい「昭和の熱血教師のような」先生だったと、生徒たちは口々に回顧する。高校の頃に教壇に立つ夢を抱き、都内私立大学で英語の教員免許を取得。都の中学教諭となり、5年以上務めた前任校を後にし、A中学へは昨年4月に異動。前任校の元生徒が語る。

「一体いつ寝てるんだろう? と思うくらい、24時間、365日生徒のために尽くしてくれました。英語の授業についていけない生徒がいれば、補習をしたり、個別の課題を出してくれたり。部活ではサッカー部の他にダンス部も兼務していました。進路指導の担当もしていたので、推薦を獲得するために高校に熱心に説明に行ってくれたり、学校見学に一緒に行ってくれたこともあった」

 近隣住民によれば、石井容疑者の自宅には、休みになると毎週のように大勢の生徒たちが自転車に乗って集まってきたという。

「避難所みたいな大切な場所でした。親との折り合いが微妙だった子は毎日のように先生の家に泊らせてもらっていました。お母さんも『先生の家なら安心』と了解の上で」(別の元生徒)

 愛車に生徒たちを乗せてお台場や江の島にドライブすることもある一方、泣きながら叱るような厳しさも見せていた。

「一度、部活も勉強もうまくいかず腐りそうになっていた僕に、『お前、そんなんでいいのかよ!』って本気で泣きながら叱ってくれたことがあって。家に遊びに行った時も、ダメなものはダメ。怒るとちゃんと怖いから、先生の授業にはいい緊張感が漂っていた。周りにも『先生がいなかったら自分はいまここにいない』そう言う生徒がたくさんいます」(前出の元生徒)

 生徒との関係は、A中学に赴任してからも変わらなかった。談笑し、じゃれ合う見慣れた風景――他の男子生徒と同様に、被害者となった男子生徒とも肩を組んで廊下を歩く姿が過去に目撃されていたという。

 信頼関係があったはずの生徒と教師はなぜ被害者と加害者になってしまったのか。そんな疑問が今、生徒や保護者、校内に渦巻いていると学校関係者が語る。

目撃者の証言と報道がかなり異なっていた

「事件があったのは、午後3時頃、掃除の時間での出来事でした。トイレ掃除をしている男子生徒がふざけ合って股間を触っていた。それを見つけた石井先生が男子生徒を注意しようと、個室のドアに押し付ける体勢で左腕で肩を組んで右手で股間を掴んだ」

 報道ではその際、「個室に連れ込みわいせつ行為に及んだ」とされる。

「当時周りに複数の生徒がいましたが、後から聞いても『個室に押し込んではいない』と話していたそうです。目撃者の証言は報道内容とニュアンスがかなり異なっていました」(前出・学校関係者)

 被害報告を受け、被害生徒と保護者、学校側での話し合いが行われたが、折り合いが付かなかったという。

「石井先生の担任クラスの生徒でしたから、『今すぐ担任を代えてくれ』との申し出がありましたが、学校側は『すぐには難しい』という回答でした。そのため被害生徒の保護者は警察に被害届を提出したという経緯です。最初に対応した教員が警察への届け出を勧めていたとも聞いています」(同前)

 A中学の生徒が語る。

「先生が亡くなったことを校長から聞かされた時、集会で泣き崩れる生徒もいました。私もやっぱり悔しかった……。でも、通報した被害生徒がいちばん驚いてるかもしれません」

 亡くなる数時間前、自身のインスタグラムに投稿した“遺書”にはこうある。

〈陰部を服の上から掴みました。(中略)正直性的な狙いはまったくありませんでした。ですがやられた生徒にとってはそれはとても嫌なことで、ノリや遊びでは考えられないことでした。私はよくほかの生徒とその様な軽いノリで付き合っていて、つい気持ちも考えずにその生徒にも同じことをやってしまったのです。そもそも遊びであれ、そんなところを触るべきではありませんでしたし、ただただ軽率でした。この事で傷つけてしまった相手には、本当に心から謝罪をします〉

〈二度と取り返せない過ちを犯しました。皆さん、本当にごめんなさい。そしてこれまでの人生、本当にありがとうございました〉

石井容疑者がインスタグラムに投稿した“遺書”
 
 

 釈放後、迎えに来た両親の車から「どうしてもやりたいことがある」と降りると自宅へ戻っていた石井容疑者。荷物の整理された自宅にはもう一つの“遺書”が遺されていた。

〈遺品は生徒たちにあげてください〉

 愛用のゲーム機、洋服、家具、本などは遺言通り、駆け付けた多くの生徒たちに引き取られたという。

葬儀では泣き崩れる生徒も

 通夜や葬儀には会場から溢れるほどの生徒たちが。そこには成人した卒業生の姿も、つい先日まで教室で顔を合わせていた教え子の姿もあった。

 

「先生―! 先生―!」

 棺へ花を手向ける生徒たちは恩師の亡骸にすがるように声を上げた。ある者は泣き崩れ、ある者は唇を固く結んで涙を堪えた。

 出棺の際、喪主を務めた父親は涙に言葉を詰まらせながら、感謝の気持ちを語っている。

「教え子さんたちに、たくさん駆けつけていただきまして……。本当に慕っていただいていたんだなってことがはっきりわかりました……。一方で、救われる思いです。これから武秀は灰になりますが、皆様からいただいた、本当に有難い……、気持ちを、一緒に、残された人生を生きていきたいと思います。温かくお見送り下さい」

焼香や献花は長蛇の列をなした

 石井容疑者の問題行動の有無や今後の対応について当該中学に取材を求めたが、期日までの回答はなかった。

 残された生徒たちの心の傷の深さは、計り知れない。

(※弊誌は、参列と撮影の許可を得たうえで、葬儀の取材をしました)

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる