週刊文春 電子版

【写真】観光船「KAZU Ⅰ」引き上げ 34日、未だ視界は開けず

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

★特集記事を読む

 5月27日午後3時前、観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が作業船に載せられ、網走港に到着した。港は波しぶきが立つほど強風が吹き、船体を覆うブルーシートは激しくなびいていた。

撮影 吉田暁史

 知床沖で沈没してから34日。曳航中の海底落下など、幾多の障壁を乗り越え、ようやく港へと引き上げられたのである。

 ほぼ完全な形で船体が見つかったものの、事故原因の特定は困難を極めるという。日本水難救済会常務理事・遠山純司氏が解説する。

「船体にある複数の傷の中から、沈没の原因となった傷を特定するのは、かなり難しい。また、エンジンの故障がいつ発生したのかを調べるのにも、膨大な時間がかかります。今後、再現実験や専門家による鑑定があるかもしれませんが、半年から1年くらいを要するものと思われます」

撮影 吉田暁史

 目撃者がいない中、船内の遺留品が頼みの綱だという。

「船はビデオプロッタを搭載していなかったので、事故原因特定に繋がる航跡が分からない。ただし、もし遺留品の中でGPS機能付きのタブレット等があれば、航跡が判明するかもしれません。また、写真や動画に沈没までのプロセスが記録されていれば、事故原因特定の補強資料となる可能性もあります」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月9日号

文春リークス
閉じる