週刊文春 電子版

北海道 野球部監督35歳が英語教師47歳を“W不倫殺人”「心中しようと…」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「釧路に行ってくるね」

 北見緑陵高校教諭の宮田麻子さん(47)は、5月29日の日曜日、家族にそう告げて北見市内の自宅を車で発った。だが、約2時間半後に目撃されたのは、帯広市内の野球場。そこにいたのは、12歳下の妻子ある男性教師だった。

「妻からのLINEが昨夜から途絶え、家に帰ってこないんです」

 北海道警に宮田さんの夫がこう相談したのは翌30日のこと。聞き取りの過程で真っ先に浮上したのが帯広農業高校教諭の片桐朱璃(しゅり)容疑者(35)だった。

片桐容疑者

「片桐と宮田さんは、3月まで同じ高校で教員として働いており、宮田さんの夫は以前から2人の“関係”を疑っていたようです」(道警担当記者)

 片桐は31日に行われた任意の事情聴取で「何も知りません」と関与を否定したものの、

「罪悪感に苛まれたのか、翌日になると態度が一変。『宮田さんの死体を車で運び、スコップで穴を掘って埋めました』などと供述を始めたのです」(同前)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる