週刊文春 電子版

《メール入手》エネオスGS屋上で“責任者”が首吊り自殺

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業 働き方

「荷物や車があるのに、姿が見当たらなかった。そこで店舗内を探したところ、屋上で首を吊った状態でAさんが発見されたのです」

 こう語るのは、名古屋市内の「エネオス」のガソリンスタンド店舗関係者だ。

 系列給油所数1万2000と、国内シェア1位を誇るエネオス。A氏が勤めていたのは、エネオスと商標登録契約を結び、ガソリンスタンドを全国で約130店舗展開する三愛リテールサービスだ。品川に本社を置き、売上高は650億円。

店舗はエネオスからガソリンを仕入れている

 A氏は勤続22年のベテランで、同社の接客サービスコンテストでは最優秀賞を受賞。サブマネージャーとして働いていた。

「仕事覚えが悪い部下に、自分の業務後も付き合ってあげていた。バイトの信頼も厚かった」(同前)

 なぜ彼は、店舗で自殺したのか。同社従業員が語る。

「一つは過重なノルマです。会社から、洗車や車検、オイル交換などで、毎日10万円の売上が目標とされた」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月7日号

文春リークス
閉じる