週刊文春 電子版

目指すは札幌五輪と参院議長 自民復党 橋本聖子の“深い森”

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が6月30日に解散した。橋本聖子会長(57)は職員向けの挨拶で「東京大会のレガシーをもっと素晴らしいものに育てるよう、頑張っていきたい」と強調した。現場にいた記者曰く「涙を浮かべ、感極まっているようだった」。

子供たちには聖火、亘利翔(ぎりしや)、朱李埜(とりの)と名付けた

 翌7月1日には、自民党に復党。自民党の参院議員会長や閣僚を歴任した橋本氏は参院議員歴既に27年。自民でより長いのは、参院選後にも議長を退任する見込みの山東昭子氏(40年)、次期議長候補の中曽根弘文氏(36年)、尾辻秀久氏(33年)ぐらいで最後のイスは参院議長しかない。ただ、「確かに将来の議長候補だが、いざ名前が挙がれば疑問の声が噴出するだろう」(政治部記者)。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる