週刊文春 電子版

無料公開中

DeNA元社長・守安功氏 ベンチャーCOO“解任”の理由は「送別会でのセクハラ」

スクープ速報

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

 コンプライアンス規程違反を理由に、アルバイト仲介サービスを手がける「タイミー」のCOO(最高執行責任者)を事実上、解任された守安功氏(48)。コンプライアンス規程違反の詳細が、女性社員へのセクハラ行為だったことが「週刊文春」の取材でわかった。

 東京大学大学院を修了後、日本オラクルを経て、1999年にディー・エヌ・エーに入社した守安氏。ソーシャルゲームなどが楽しめるSNS「モバゲータウン」を大ヒットさせると、2011年6月、創業者の南場智子氏(現会長)の後を継ぎ、社長に就任した。10年間、経営の舵取りを担った後、昨年6月に退任。その4カ月後の昨年10月、タイミーのCOOに就任した。

東大大学院(航空宇宙工学)を修了 ©共同通信社

「タイミーを立ち上げたのは、CEO(最高経営責任者)の小川嶺氏。弱冠25歳ですが、気鋭の起業家として高く評価されています。2018年のサービス開始から3年で約90億円を資金調達。登録者数は右肩上がりで約270万人(今年4月時点)に及びます」(ベンチャー企業関係者)

 だが、今年3月31日、タイミーはHPで以下のようなプレスリリースを発表した。

〈社内において、取締役COO守安功氏(当時)のコンプライアンス規程違反の事実が認められました(略)臨時取締役会において、辞任勧告を決議し、退任いたしました〉

タイミーのプレスリリース

 その後、家電量販大手「エディオン」の社外取締役なども退任することが発表された。

 タイミーの社員が明かす。

「3月25日に行われた社員向けの総会で、開始から30分ほど経った頃、小川氏から守安氏を退任させる旨の説明がありました」

退任の原因となったハラスメント行為

 原因となったのは、今年2月に行われた女性社員の送別会。当時、まん延防止等重点措置の適用中だったが、小川氏や守安氏ら幹部も送別会に出席していた。

 小川氏は社員にこう謝罪したという。

「送別会で守安さんが女性社員にハラスメント行為を働きました。私も同じ場にいたのに止めることができずに申し訳ありません。この時期に飲みに行ったことも申し訳ありません」

 この総会から6日後の3月31日、守安氏の退任が発表された。

タイミーのHP

 守安氏に取材を申し込むと、メールで以下のように回答した。

「(セクハラによる退任の経緯は)概ね事実です」

 タイミーに事実関係の確認を求めたところ、メールで以下のように回答した。

「取締役に求められる規範意識の高さ等に鑑みて、会社として厳格な対応を取るべきと判断し辞任勧告を決議し、退任に至りました」

 7月6日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および7月7日(木)発売の「週刊文春」では、IT業界で有名な守安氏の人物像や、社員向けの総会で守安氏が坊主頭になっていた様子などについても報じている。

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる