週刊文春 電子版

山上徹也 伯父が告白150分「父の自殺と母の統一教会1億円」

総力取材「安倍元首相暗殺」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 38年前、京大卒の父が自死する。母は統一教会に入信し財産をほぼ寄附して、再三、韓国に渡るようになる。さらに1歳上の兄が難病で失明した。山上は奈良有数の進学校に通いながら、大学進学もままならず、入隊した海上自衛隊で自殺未遂。事情聴取に語ったのは、統一教会への恨みだった。銃撃事件を聞いた母は洩らした。「教義に反することは…」。

 

「ドーン!……ドーン!!」。7月8日、午前11時31分。憲政史上最長、通算8年8カ月にわたって日本を率いた元首相を2発の凶弾が襲った。終始不気味なほど冷静に、許されざる大罪を犯した容疑者は、一体何者なのか。

「あの子の母親は統一教会の催しで韓国に入り浸ってなかなか帰って来なかった。あの子は宗教にハマる母のことでずっと思い悩み、長いこと苦しめられてきたんですわ」

 こう告白するのは傘寿が近づいても矍鑠(かくしゃく)とした様子の“暗殺犯”の父方の伯父、その人である。今回、事件の背景をきちんと報じてほしいと、合計2時間半に及ぶ小誌の単独取材に応じた――。

 参院選投開票日を二日後に控えた7月8日、午前11時29分。安倍晋三元首相(67)は、奈良県の近鉄大和西大寺駅前で応援演説のため壇上に立った。その背後に、マスクに眼鏡、灰色のポロシャツ姿の男が忍び寄る。直後、立て続けに二度轟音が鳴り響き、たちまち白煙があがった。

「2発目が後ろを振り向こうとした安倍氏の左胸と首を貫通。約6メートルの至近距離からの発砲でした」(社会部記者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月21日号

文春リークス
閉じる