週刊文春 電子版

医師が警告「過去最大を超えた」コロナ“行動制限必要なし”で日本は耐えられるのか?

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 7月16日、全国で新型コロナウイルスの1日当たり陽性者数が過去最多となる11万人超を記録した。オミクロン株が広がった第6波が緩やかに収束していく中、第7波が到来したのである。

 埼玉県にある「ふじみの救急病院」のPCR検査場前では、発熱患者が列をなしていた。

撮影 松本輝一
撮影 松本輝一

「1カ月前は10パーセント以下だった陽性率が50パーセントになり、既に第6波のピーク時を超えました。1日に800人以上を診察しますが、今のスタッフの人数では、とても対応しきれません」(ふじみの救急病院・鹿野晃院長)

 置き換わりが進むオミクロン株の派生型「BA.5」は従来型の「BA.2」よりも感染力が強い。鹿野院長は、このペースで感染拡大が続けば、医療逼迫は起こると断言する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月28日号

文春リークス
閉じる