週刊文春 電子版

高槻54歳女性殺人 1.5億保険金“養子”の「アメフト」「決意表明動画」「代理殺人」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 都市銀行のグループ会社に勤める高井直子さん(当時54)が、大阪府高槻市にある自宅の浴槽で、変死体となって見つかったのは昨年夏。死亡推定日は、東京五輪の開会式が行われた7月23日とみられる。

「連休明けの26日、彼女が会社を無断欠勤したため、親族らが自宅を訪ね、発覚した」(捜査関係者)

 右手首には結束バンドが緩く巻かれており、左手首にも痕跡が残っていた。

「直接の死因は溺死。何者かが両手首を結束バンドで縛り、顔を浴槽に沈めて殺害したとみられる」(同前)

15年、同窓会で

 独身で一人暮らしだった直子さんには、合計1億5000万円の生命保険がかけられていた。受取人になっていたのが、直子さんと養子縁組したばかりの高井凜容疑者(28)だったのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月4日号

文春リークス
閉じる