週刊文春 電子版

無料公開中

TKO木本武宏が“投資トラブル”発覚後、初めて語った「取り返したいという気持ちに……」

スクープ速報

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 経済 マネー 芸能

 旧知の芸人らを投資に誘って、7億円に上る資金を集めたが上手くいかず、大トラブルとなっているお笑いコンビTKO・木本武宏(51)。騒動発覚後、ツイッターでコメントは発表したものの、沈黙を守ってきた木本が、「週刊文春」の直撃取材に答えた。

TKO・木本武宏。芸能活動は継続する意向だが……

 木本の投資トラブルが表面化したのはニュースサイト「日刊大衆」の報道だった。「投資で失敗して相当な額の借金を抱えてしまった」と報じられ、スポーツ紙も後に続いた。

「7月初め、松竹芸能からレギュラー番組を持つテレビ局に『体調不良』という名目での出演取りやめと、投資トラブルに伴う番組終了の相談がもたらされていました。司会の番組も打ち切りが決まり、7月23日付で所属の松竹芸能も退所しました。実質的なクビです」(芸能プロ関係者)

Tシャツ姿の男性の話に聞き入る木本

 数年前から、木本は投資にのめり込んでおり、その姿を「週刊文春」も目撃していた。

 2019年6月のことだ。中目黒駅のそばにあるカフェS。ここは玉石混交の投資話が飛び交う場所として、その筋では知られた場所である。このカフェで木本に熱弁を振るうTシャツ姿の男性がいた。腕には高級そうな時計が光る。ひとしきりその男の話に聞き入った後、木本もこう熱く語り出したという。

「芸人として売れることに必死で、金を作ることをやってこなかったんです……」

カフェで投資話をする木本

 普段から芸人仲間だけでなく、番組関係者やスタッフにも投資について語っていた木本。騒動発覚後、金を預けた芸人として平成ノブシコブシの吉村崇が3000万円、野性爆弾のくっきー!が数百万円などと報じられた。肝心の投資内容はどうかというと、

「FXや仮想通貨などと言われている。また木本が信頼して投資をしていた人物が飛んだとされるが、全容は判然としない」(芸能記者)

「自分で精査もせず伝えて巻き込んでしまい、申し訳ない」

 木本の個人事務所に尋ねると、投資トラブルについてこう説明した。

「運用者A、Bに対して、木本が数年前から直接出資をしており、予定通りに運用されて収益がありました。そのことから、ごく近い知人に対して儲かった投資案件があるという話の中で投資したいという話になり、運用者A、Bを紹介しました。勧誘などの行為はありません。投資対象はFX及び不動産投資関連です。仮想通貨は一切ありません」

くっきー!には返金(吉本興業HPより)

 紹介したのは約10名。うち2名は木本が直接資金を預かったという。A、Bとは直接連絡が取れておらず、代理人から受任通知があったという。

 その後、木本の携帯に電話をすると、これまで沈黙を守っていた本人が重い口を開き、こう釈明した。

「普段から情報交換をしていた仲間に、『こういう投資話がある』と、自分で精査もせず伝えて巻き込んでしまい、申し訳ない気持ちで一杯です。本来、お笑い一本でやることを大切にしてきたのに、ある時、投資というものを覚えてしまった。一度失敗したのですが、それで逆に勉強して取り返したいという気持ちになってしまい、のめり込んでしまったのです。これ以上は相手がいるのですいません……」

“破天荒”な金額を預けていた吉村

 しかし木本がのめり込んでいる投資はこれだけではなかった――。

 このほか、ノブコブ吉村・くっきー!ら芸人への直撃、昨年秋に木本が設立した“仮想通貨”企業の実態、投資仲間の証言など、7月27日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および7月28日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

source : 週刊文春 2022年8月4日号

文春リークス
閉じる