週刊文春 電子版

文鮮明・韓鶴子「強欲夫婦」の本性 日本から年500億円搾取

統一教会「徹底解剖」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

▶文 脱税で収監 韓 教義で禁止もスロット大好き

▶長男の嫁が告発「親から月200万円の小遣い」

▶“遺産6000億円”息子3人早世で骨肉の争い

 韓国・ソウル北東部の加平に、巨大な白亜の宮殿が聳え立つ。総工費は約300億円とも言われる「天正宮博物館」。登記簿によれば、敷地面積は約4万平米に及ぶ。この地で暮らすのが、統一教会(現世界平和統一家庭連合)の教祖・文鮮明(ムンソンミョン)氏(享年92)の妻・韓鶴子(ハンハクチャ)(79)総裁だ。

教祖の文氏と、現総裁の韓氏(右)

 さらに現在、隣接する土地に、新たな宮殿「天苑宮」も建設している。2017年の起工式で「地上天国を実現します」と宣言していた韓氏。天苑宮は来年完成予定だという。

 そんな優雅な生活を送ってきた彼らだが――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる