週刊文春 電子版

山上徹也は統一教会に返金より母の脱会を求めた 8月8日、小誌は母を直撃した

大特集 統一教会の大罪

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

 薄汚れたトタンの外壁と蜘蛛の巣が張った郵便受けが、家主の長期不在を物語っていた。この家に住むA子さん(69)の次男・山上徹也(41)が安倍晋三元首相を暗殺したのは、約1カ月前の7月8日。その日を境にA子さんの生活は暗転した。元弁護士である伯父宅に身を寄せた彼女は、自宅にある祈祷室に一度も足を踏み入れていない。

 

 目下、彼女の心には、ある感情が沸々と芽生えている。祈祷室に置かれた1冊の「聖本」。煌びやかな金縁に彩られた経典は、1990年代に高額の献金を行ったA子さんが統一教会から授与された“勲章”だ。信者の間では、最低3000万円は寄附しないと授与されないといわれる代物で、1000頁以上にわたり教会の歴史や創始者・文鮮明の説教、聖書の引用などが記されている。A子さんを古くから知る現役信者が明かす。

「最近、彼女は『聖本を手元に置いておきたい。あれがないと気が気じゃない』と話している。彼女は徹也くんの妹に、『家に取りに行ってきてほしい』と懇願しています」

 91年、夫の死などを契機に入信したA子さんは1億円以上を献金した末、2002年に自己破産。当時、山上は22歳だった。教会への憎悪を募らせた山上はそれから20年後、鬱々とした感情を暴発させる。だが、手製銃の銃口を向けた先は、母でも教会トップでもなかった。

「韓鶴子を殺害しようとしたが、接触が難しかった。安倍氏は繋がりが深いと思い、標的にした」

 逮捕後、山上はそう供述している。この歪な復讐劇が、皮肉にもA子さんの信仰心をより深めているのだ。

凶弾に倒れた安倍氏

 事件から約1カ月を経て、山上を取り巻く環境は刻々と変化を遂げている。8月6日、山上家と最も親しかった教会幹部・小野大輔氏(仮名)は奈良県警の刑事と向かい合っていた。2日間で合計約8時間に及んだ事情聴取の末に作成された分厚い供述調書には、教会に翻弄され続けた山上の心の機微が克明に記された。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる