週刊文春 電子版

不肖・宮嶋ウクライナ潜入を語る「日本が戦場になったらもっと悲惨なことに」

「週刊文春」編集部
ニュース ロシア

 小誌の読者にはお馴染みの「不肖・宮嶋」カメラマンは、今年3月と5月に敢行したウクライナ潜入撮で、過去の戦場撮影になかった“怖さ”を感じたという。

「一番怖かったのは、戦線ギリギリを通って向かった3月のキーウ潜入です。これまで経験した戦場では、やってくる軍隊は米軍など“解放軍”でした。今回違ったのは、明らかな侵略軍がやってくること。ロシア軍が本当に来たらと思うと、それは恐ろしかった」

リビウ市中央駅。祖国で戦う父を残して。 撮影 宮嶋茂樹

 今回の戦争ではSNSを通じて多くの情報が発信されたが、自らの報道カメラマンとしての姿勢や矜持は揺るがなかった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる