週刊文春 電子版

統一教会「合同結婚式」日本人花嫁が見た“生き地獄” 韓国人夫のDV、アルコール依存症、自己破産、そして失踪…

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

ニュース 社会

「被告人を懲役9年に処する――」

 2013年1月29日、韓国の春川地方法院(地方裁判所)の法廷。被告人のM子(当時52)は、統一教会員の日本人妻だった。前年8月、韓国人の夫(当時51)の口元をタオルで塞ぎ、殺害したのだ。合同結婚式から17年。教団が掲げる“理想の家庭”とはかけ離れた末路だった。

 M子は、36万組が参加した1995年の合同結婚式を経て渡韓した。病弱だった夫は常に無職。逮捕後、M子はこう供述している。

万単位の信者が式に参加 ©共同通信社

「結婚してからずっと、貧乏や夫の飲酒、乱暴に苦しんできた」

 収入は、国から出る夫の基礎生活受給(生活保護費)とM子が家政婦などで得た稼ぎ、日本円にして月10万円足らず。02年、夫が腎臓病を患うと、人工透析の治療費などが家計に重く圧し掛かった。ところが、夫は酒を飲んでは暴言を吐き、物を投げたり、家具を壊したりした。

「生活苦に喘ぎながらも夫を扶養し、看病してきたM子はやがて鬱病に。夫を殺害した後、精神鑑定で軽度の適応障害だったことも判明した。判決では、こうした背景も情状酌量として認められている」(韓国の司法関係者)

 M子はいったん控訴したものの、後に取り下げ、韓国の刑務所に服役する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 電子版オリジナル

文春リークス
閉じる