週刊文春 電子版

補償は進まず…知床遊覧船・桂田社長は「国が悪い」だって

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

「会社側の弁護士から連絡があるだけで、6月以降、遊覧船の社長から事故原因についての説明は一切ありません。補償の話もなかなか進んでおらず、会社側への不信感は募るばかりです」

会見では土下座までしたが…

 こう憤るのは、知床の遊覧船事故の遺族である。

 4月23日、北海道・知床半島沖で発生した遊覧船「KAZU Ⅰ」の沈没事故。14人が遺体で発見されたが、12人が行方不明のままだ。北海道運輸局は6月16日、運航会社『知床遊覧船』の事業許可取り消しの行政処分を下した。

 その後、運航会社はどうなっているのか。元従業員のA氏が明かす。

「7月上旬に遊覧船事務所の引っ越しをしました。看板を外し、遊覧船のロゴも全部消しました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる