市長の愛人情報も飛んだ 釜石市個人情報流出事件の怪

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「街はあの事件の噂で持ち切りです」(釜石市職員)

 岩手県釜石市――。かつて「北の鉄人」と称された新日鉄釜石ラグビー部(当時)が全国にその名を轟かせた。この街で何が起きているのか。

「今年5月、全市民約3万2000人分の住民基本台帳データを持ち出したとして、市は女性職員Aと男性職員を懲戒免職にしたと発表。Aは情報を売却などしておらず、むしろ話のネタに使っていた」(地元記者)

5月の会見で情報流出を謝罪

 調査では、別の40代女性職員Bの関与も浮上した。

「BはAと仲がよく、部署内のPCで閲覧した個人情報を渡していた」(同前)

 件数としては、多く見積もっても十数件だったとされるが、問題はその中身。

「通院歴、結婚歴、出産歴など市の懲戒処分の指針では、『秘密漏洩』に当たる最重要の個人情報が含まれていたのです。調査担当の女性総務課長は事態を重く見て、Bを懲戒免職にする方向で7月15日に懲戒審査会を開こうとした」(市幹部職員)

 ところが審査会が開かれることはなかった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年9月1日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫