週刊文春 電子版

「世界平和統一家庭連合」文鮮明の家庭は平和なのか

子どもが自殺、病死、事故死、遺産争い

「週刊文春」編集部
国際

〈家庭は『愛の学校』であると考えており、家庭の中での夫婦、親子、兄弟姉妹等の関係を通して、人はさまざまな愛を学び、育てていくのです〉

 統一教会(現・世界平和統一家庭連合)はこう訴える(公式HP)。当然、文鮮明(ムンソンミョン)師と韓鶴子(ハンハクチャ)夫婦の家庭は愛に満ちているはずだが……。

韓鶴子の前にも2人の妻がいた文鮮明

 1960年、40歳だった文鮮明は17歳の韓鶴子と結婚。22年間で七男七女の子どもが生まれた。

次女・恵進(ヘジン)は生後わずか1週間で、次男・興進(フンジン)は17歳の時に交通事故で死去。さらに六男・栄進(ヨンジン)は21歳の時にラスベガスのホテルから身を投げた」(統一教会関係者)

 文鮮明は自伝で、子育てより布教活動を優先し、家庭を重要視していなかったことを明かしている。そして子供らは、信者の献金をもとに自由奔放に育った。

79歳の韓鶴子

 長男・孝進(ヒョジン)は飲酒運転での逮捕歴、コカイン中毒もあり2008年、45歳の時に心臓麻痺で亡くなる。1997年に離婚した元妻の洪蘭淑(ホンナンスク)が、手記『わが父 文鮮明の正体』で、孝進の女性関係やポルノビデオ趣味、DVを暴露した。

「信者は彼ら子供たちを神様の子だと思っています。亡くなったのは本人の行いや性格が悪いのではなく、サタンに討たれたということ。つまりこれを招いたのは信仰が足りなかったからだと思い込まされているのです」(北海道大学大学院・櫻井義秀教授)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月15日号

文春リークス
閉じる