週刊文春 電子版

福岡5歳児餓死 裁判で衝撃証言 母は救急車を呼ばず創価学会“ご本尊”に祈った

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「指示はしていません」

 法廷で起訴内容を否認し、無罪を主張する巨躯の女を、傍聴人の多くは冷めた目で見つめていた。

 2020年4月18日、福岡県篠栗町のマンションで碇翔士郎(いかりしょうじろう)ちゃん(当時5歳)が餓死した事件で、母・碇利恵被告(40)の“ママ友”である赤堀恵美子被告(49)が保護責任者遺棄致死などの罪に問われた裁判員裁判。そこで露わになったのは、“洗脳支配”されていた母とママ友の対決姿勢である。

赤堀恵美子被告

 9月2日、痩身の碇は短めの黒髪を後頭部でちょこんと束ね、黄色いTシャツに黒いパンツという姿で証人尋問に立った。今年6月の第一審で保護責任者遺棄致死罪に問われ、懲役5年の判決が下ったが執行猶予を求めて控訴中。今回は証人としての出廷だ。

送検時の碇利恵被告

 碇は事件前、赤堀のことを偽名である「ナツコ」と呼んで慕っていたという。だが法廷では被告人席に一切視線を向けず、「赤堀」と呼び捨てにして検察官らの質問に答えていった。

 碇は赤堀から架空のママ友トラブルや元夫の浮気などを吹き込まれ、暴力団関係者の「ボス」がその解決をしてくれるというストーリーを信じ切っていたと主張。約2年間で1300万円以上の金を搾取され、翔士郎ちゃんの死亡直前は、食費や家賃、光熱費も払えず凄惨な状況にあったという。

「私は赤堀のことを恐れ、信じてしまった。翔士郎にはどうしても食べさせてあげることができなかったんです。その結果、あの子を助けてあげられなかった。翔士郎に対しては本当に謝っても謝り切れないです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月15日号

文春リークス
閉じる