週刊文春 電子版

民間防衛組織に27億円を提供 台湾の伝説的経営者は何者か

THIS WEEK「国際」

野嶋 剛
ニュース 国際 中国

 半導体ファウンドリの台湾UMC(聯電)の創業者で、伝説的経営者のロバート・ツァオ(曹興誠)氏(75)が、台湾社会の「台風の目」となっている。

 きっかけは、ペロシ米下院議長の訪台だった。8月3日にペロシ訪台を認めた台湾への「懲罰」として、中国は台湾をぐるっと包囲する形で4日間にわたり軍事演習を行った。弾道ミサイルを史上初めて台湾上空を越えて太平洋に撃ち込んだ。

防弾チョッキ姿で会見に臨んだ

 そこで立ち上がったのがツァオ氏。軍事演習の最中に「非常に不満だ。共産党を批判しないとならないが、批判するだけじゃだめだ」として、中国の侵略に対抗するための資金30億台湾ドル(約135億円)の寄付を表明。さらにシンガポール国籍だったのを、台湾籍に戻すとし、拍手喝采を浴びた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる