週刊文春 電子版

“婿養子”葉梨康弘法相の武闘派伝説とカツラ騒動

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治 テレビ・ラジオ

 “官僚答弁”の連発で批判を浴びたのは、9月14日の「報道1930」(BS-TBS)に登場した葉梨康弘法相(62)だ。旧統一教会の二世信者だった女性が、高額献金で貧しい生活を送った実体験を踏まえ「新しい法律を」と訴えたのに対し、葉梨氏は「現行法で何ができるか、整理されていない」と繰り返す。司会の松原耕二氏から新法の必要性を突っ込まれ、ようやく「可能性を否定するものではない」。慎重な答弁で、その場を切り抜けようとする姿勢に松原氏も「何を悠長なことをおっしゃっているのか」と、再ツッコミを入れざるを得なかった。

警察庁には17年間勤務した

 自民党関係者は「エリート臭が画面からぷんぷん漂っていた」と苦笑するが、それもそのはず。医師の父親のもとに生まれ、都内随一の進学校である筑波大附属駒場高校から東大法学部を経て警察庁に入ったピカピカのエリート官僚だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる