週刊文春 電子版

雅子さま、グレイではなくブラックな装いに込められた「エリザベス女王への愛」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 国際 皇室

 9月19日、エリザベス二世の国葬がロンドン・ウェストミンスター寺院で営まれた。天皇皇后両陛下が参列される異例の対応を、皇室担当記者はこう推察する。

「天皇に即位された際、真っ先に自国へ招待したのがエリザベス女王でした。コロナ禍で叶わなかったものの、その恩義に自ら礼を尽くしたいという強いお気持ちがあったのでは」

写真提供 アフロ、ゲッティ

 女王への敬意は漆黒の装いにも表れている。歴史文化学研究者の青木淳子氏によれば「皇室女性においては、親族等の葬儀ではブラック、その他の喪の場面ではグレイのフォーマルが慣例」だという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる