週刊文春 電子版

元信者が告白「私たちは教団幹部の指示で下村博文の選挙を手伝った」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 政治

「こんなに厳しい選挙はなかった」

 民主党が政権交代を果たした2009年の衆院選の当選報告会で、こう声を絞り出したのは下村博文衆院議員。1996年の初当選以来、盤石の強さを誇ってきたが、この選挙では新党日本公認、民主党推薦で出馬した有田芳生(よしふ)氏に約3000票差にまで迫られた。薄氷の勝利を支援したのは――。

下村氏

 政権交代の機運が高まり“民主党ブーム”が湧き起こっていた09年。間近に迫る8月の衆院選は厳しくなる――そんな危機感と焦燥感を自民党の誰もが抱えていた。悩みが尽きないのは下村陣営も同じだった。下村氏の元秘書が振り返る。

「1票でも多く票を掘り起こさなければ、という厳しい状況でした」

 東京・武蔵野市の「武蔵野教会」に所属していた統一教会信者Xさんのもとに、教団幹部のF青年部長から連絡が来たのはちょうどその頃だった。当時、Xさんは20代。教団活動にフルタイムで専念する「献身者」だった。

「今度の衆院選で有田さんが東京11区から出馬する。落とすために対抗馬の下村さんを応援してください」

 F青年部長にそう指示されたXさんは、同じ教会の3〜4人の仲間と板橋区内にある下村氏の選挙事務所に向かった。そこには、近隣の教会から来たと思われる信者が、他にも10人ほど集まっていた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる