週刊文春 電子版

「プーチンに頑張ってもらう」国民民主党・玉木雄一郎の焦り

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治 国際

「彼の軽すぎる発言は数多いが、失言は珍しい」

 政治部記者がそう評するのは国民民主党の玉木雄一郎代表(53)のこと。大津市で開かれた9月23日のタウンミーティングで、米国の景気が悪化すれば日米の金利差が縮小し、円安は解消すると説明した上で「中国の習近平国家主席かロシアのプーチン大統領に頑張ってもらう」。その後、記者から問いただされ、中ロ経済の状況が米国の経済に影響を与えるとの趣旨だったと弁明したが、大炎上。

YouTubeでの発信には熱心だが……

「最近影が薄いからといって、あそこまで悪目立ちしなくても」(前出・記者)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる