週刊文春 電子版

《昭恵夫人》「犯罪被害者支援がしたい」 後継者未定で地元事務所閉鎖

総力特集 安倍晋三「光と影」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治

「(国葬を)光栄に思っています」

 賛否両論あった国葬だが、妻・昭恵氏は一貫してこう語っていたという。

国葬では喪主を務めた(JMPA)

 事件直後は憔悴しきった様子だった昭恵氏。だが次第に、夫との思い出を笑顔で振り返るようにもなった。親しい知人は最近、彼女がこう話すのを聞いている。

「主人とは色々考え方は違う。私の保守は縄文なのよ」

 かねてより、縄文時代の日本人の精神性を重視するスピリチュアルな価値観を公言している昭恵氏。安倍氏から「昭恵と僕の保守のスタンスは違うからなぁ」と言われると、「私の保守は縄文だから」と言い返すのが常だった。こうした他愛のない会話を、懐かしそうに回顧していたという。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる