週刊文春 電子版

JAL子会社スプリングジャパン 佐賀県から受給の“2100万負担金”使途に疑義

社員から“虚偽報告”との告発証言〈社内文書入手〉

「週刊文春」編集部

電子版ORIGINAL

ニュース 社会 企業

「長年にわたり佐賀県から助成金で支援してもらってきたのに、今年10月から成田−佐賀路線は週1往復に減便することになってしまった。実は、この助成金の使途が極めて不明朗なのです」

 

 声を潜めてこう語るのは、日本航空(JAL)の子会社のLCC、スプリング・ジャパン(以下、スプリング)の社員である。この社員によれば、使用した実態がないのに使用したことにして、佐賀県に報告していた疑いがあるという。

 スプリングは、中国の大手LCC「春秋航空」が日本の複数の企業と共同出資して2012年に設立した格安航空会社だ。

「旧社名は『春秋航空日本』。“中国特化型LCC”としてスタートし、2014年に国内線の運航も開始しました。しかし、設立以来赤字が続き、2017年からは負債が資産を上回る債務超過に。さらに、コロナ禍の影響で業績が急降下。そこで2021年6月、JALが春秋航空以外の出資者から株式を取得し、連結子会社化しました。JALグループ入りに伴い、同年11月、スプリング・ジャパンと社名を変更しました」(経済部記者)

 拠点は成田空港。現在就航している路線は、国際線は天津、ハルビン、南京の3都市、国内線は札幌、広島、佐賀の3都市である。

春秋航空とスプリングの違い(HPより)

 その中でも、スプリング社員が「儲からない路線」と口を揃えるのが佐賀路線だ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる