週刊文春 電子版

ムーミンパパはマキャベリスト 武村正義の絶頂期が短かった訳

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 日本政治が激動した1990年代、主役の1人だった武村正義元官房長官が88歳で死去した。「ムーミンパパ」と呼ばれ「小さくともキラリと光る国」を主張したリベラルな面と、権謀術数を尽くすマキャベリストの面を併せ持つ政治家だった。

 自治官僚から滋賀県八日市市長、滋賀県知事を経て86年に衆院議員に。自民党では安倍(晋太郎)派に属し、当選1回で「ユートピア政治研究会」を結成。政治資金の現状をぶちまけて脚光を浴びる。

名古屋大学工学部から東京大学教育学部に

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる