週刊文春 電子版

「習近平が消えた」政変説も…“10日失踪”騒動が起きた背景

THIS WEEK「国際」

野嶋 剛
ニュース 国際 中国

 中国の習近平国家主席が先月、10日間にわたって「失踪」したのではないかと話題になった。その後、習氏は姿を見せたものの、異例の騒動は現在進行中の権力闘争を反映したものだとの評判だ。

 発端は、ウズベキスタンのサマルカンドで9月16日まで行われた上海協力機構の首脳会議終了後、帰国したはずの習氏が一切、メディアや政府の行事から姿を消したことだった。ほかの指導者がそろった場にも習氏は現れず、SNSを中心にクーデター説が一気に広がり、ツイッターでは「#ChinaCoup(中国クーデター)」がトレンドにもなった。習氏が反発する軍区の司令官によって軟禁され、権力の座を追われた、というものだ。大量の軍車両が北京に向かって進行する出所不明の動画が拡散され、暗殺説まで飛び出した。

9月30日には天安門広場での式典に登場

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる