週刊文春 電子版

角川歴彦追放へ KADOKAWA役員会の暗闘

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 メディア 企業

〈私は、本日、株式会社KADOKAWAの会長職を辞することといたしました〉

 10月4日、東京地検特捜部に贈賄罪で起訴されたのを受け、会長辞任を表明したのは角川歴彦被告(79)だ。

角川歴彦被告

 社会部記者の解説。

「角川被告は社員2人と共謀し、元電通専務の高橋治之容疑者に大会スポンサーの選定で便宜を図ってもらった見返りに、高橋容疑者側に約6900万円の賄賂を渡したとされます」

 9月14日に逮捕されて以来、不整脈の持病を抱えながら、東京拘置所暮らしが続く角川被告。全面否認を続けており、「私の名誉を守ることが会社の名誉を守ることに繋がる」と口にしてきたという。そんな角川被告が拘置所内で手に取った1冊がある。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる