週刊文春 電子版

小室圭さん不合格でも安泰の“証拠写真” そして佳子さまが動いた

「週刊文春」編集部
ニュース 皇室

 10月下旬、小室圭さん(31)が受けた3回目のNY州司法試験の結果が発表される見込みだ。圭さんと眞子さん(30)の“世紀の結婚”から1年。今もなお注目を集める圭さんと、義妹の佳子さま(27)に変化が……。

 圭さんのような再受験者の合格率が極めて低いとされる7月の試験。昨年のデータでは、再受験者の合格率は僅か18%だった。

 圭さんは現在、『ローウェンスタイン・サンドラー』にロークラーク(法務助手)として勤めている。

 通常、事務所は試験に合格して弁護士になることを前提に、学生を雇う。それゆえ不合格になれば、解雇されてもおかしくないというのがNYの法曹界。しかし圭さんは既に2回、試験に落ちており、崖っぷちのはず。7月の試験を同じ会場で受けた受験生が語る。

「小室さんは会場に15本もの大量の鉛筆を持ち込んでいました。休み時間にスマホを食い入るように見つめ、見直しをしていた」

 背水の陣で試験に臨んでいたかと思われたが、

「実は弁護士になることが前提で事務所に雇われているわけではない。事務所もロークラークのままで構わない。司法試験も、仕事の合間に勉強して受かればよし、程度に捉えていると聞きます」(小室夫妻の知人)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月27日号

文春リークス
閉じる