週刊文春 電子版

群馬大医学部「3分の1、約40人が留年」そのうち24人は一人の教授の授業だった

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業 医療 教育

「その教授の意に沿わない意見を述べた学生は即留年。学生たちは常に恐怖を感じ、萎縮しています」

 そう語るのは、群馬大学医学部の卒業生だ。

 1873年創立の国立群馬大学は、医学部医学科に767人(5月現在)の学生を抱える。予備校大手・河合塾によると医学部の偏差値は65。入試難易度は地方国公立大学としては中堅クラスで、卒業生は群馬県内を中心に関東近郊の病院などで活躍している。

 だが、前橋市内の緑豊かなキャンパスで今、異変が起きているという。

「2020年度に医学部医学科に入学した112人は、順調なら今は3年生ですが、今年前期までの2年半ですでに約3分の1にあたる約40人の学生の留年が決まりました。しかも、そのうちの24人は、一人の教員の授業で必修科目を落としたのです」(同前)

群馬大学医学部付属病院 ©️時事通信社

学生の演劇だけで評価 今年は8人が事実上留年に

 医学部は1年間の授業の多くを必修科目が占め、必修科目で一つでも落第点を取れば進級はできない。さらに群馬大学の場合、翌年は次の学年の授業を取ることができず、落第した科目の単位を取るためだけに1年間大学に通わなければならないという。そのため多くの教員は、「救済措置」として再試験や補講を課して、なるべく留年する学生を少なく抑えようとしているが、この教員はそうした救済措置を取らないのだという。

 その教員とは服部健司教授(63)。専攻は医学哲学・倫理学で、学部生向けに「医の倫理学」と「医系の人間学」という授業を受け持っている。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる