週刊文春 電子版

裁判で仰天証言!次の金融庁長官が捜査を止めた!?

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治 企業

《「SEC(証券取引等監視委員会)の捜査をセネ社が受けている」ということを伊藤豊審議官から聞きまして「その捜査を止めてほしい」と依頼しました。伊藤さんは「止めます」という約束をしてくれました》

 法廷で飛び出したのは、“次の金融庁長官”と言われる男の名前だった。

東大野球部出身の伊藤氏

 先端医療を手掛けるセネジェニックス・ジャパン元取締役の竹森郁被告ら3人が金融商品取引法違反(偽計)などで逮捕されたのは、今年2月のことだ。

「セネ社は新型コロナ治療薬の開発を巡って業務提携していたバイオベンチャー企業・テラの株価を吊り上げるため、20年10月、同社に虚偽情報を公表させたとされています。当時、テラの関係先として、“令和のフィクサー”として知られる大樹総研会長の矢島義也氏も家宅捜索を受けました」(社会部記者)

テラを家宅捜索する警視庁の捜査員

 10月19日午後、東京地裁の813号法廷。被告人質問で証言台に立った竹森は、落ち着いた口調で以下のように話し始めた。

《令和2年(20年)7月2日の午後5時に矢島さんの経営するレストランで、矢島さんと伊藤さんと私、3人で会いました》

 そして冒頭のように、旧知の矢島氏に紹介された伊藤氏に「セネ社に関する捜査の中止」を約束してもらったというのだ。竹森は次のように証言を続けた。

《その日の会費、食事代約10万円を私が負担しましたし、高級ワイン、オーパスワン。1本5万円くらいするワインを2本買って、伊藤審議官に渡しました》

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月3日号

文春リークス
閉じる