金融庁が絶賛「地銀の優等生」ふくおかFGには3つの課題

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 経済 企業

 人口減少、デジタル化、マイナス金利の三重苦に喘ぐ地方銀行。頼みの有価証券投資も急激な円安に伴い、「大幅な利益縮小は避けられない」(地銀幹部)。日銀が10月21日に公表した金融システムレポートでは23年度には邦銀の過半が外債運用で逆ざやに陥り、赤字に転落すると試算されているほどだ。

 そうした中、金融庁幹部らが「地銀の優等生」と口を揃えるのが、ふくおかフィナンシャルグループだ。

「07年に福岡銀行と熊本ファミリー銀行(現熊本銀行)が統合し、長崎の親和銀行も子会社化するなど地銀再編の嚆矢となった広域地銀グループです。さらに20年には、公正取引委員会が長らく難色を示していた長崎の十八銀行と親和銀行の合併も認められました」(前出・地銀幹部)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年11月10日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる