福岡なりすまし市議の虚飾人生 自己破産の過去、“共犯”の維新候補と同棲

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 気温28度を超す熱帯夜だった8月8日未明。黒色の長袖、長ズボン姿の人物が周囲を警戒しながら集合住宅に忍び込むと、紙袋から焦った様子でビラを取り出し、次々と郵便受けに投函する。作業を終えると、防犯カメラを避けるかのように不自然に背中を丸め、ガニ股で立ち去っていく。

 この侵入者の正体は、日本維新の会所属の福岡市議会議員・堀本和歌子氏(41)だった。

〈旧統一教会の式典で元衆議院議員として偉大なる韓鶴子様に韓日トンネルへの賛意と、祝辞を述べさせていただきました!〉

配布された“なりすましビラ”

 A4用紙にぎっしりとプリントされたオレンジ色の文字。堀本氏は、同じ博多区から来春の市議選への出馬を検討している参政党の元衆議院議員・新開裕司氏になりすまし、約200枚のビラを博多区内の住宅に配ったのだ。新開氏が憤りを隠さず言う。

「その日は知人から『変なビラが入っとったけど』と朝から電話が複数かかってきた。近隣を訪ね歩くと、ビラが投函されたのは私の支援者の家ばかりで。無差別ではなく、特定の家に狙って撒いていたわけです」

元福岡市議の堀本氏(Twitterより)

 恐怖に震えた新開氏は2〜3週間かけ、防犯カメラの映像を複数入手。それらの映像の中に、犯人が乗っている車のナンバーが映っているものがあったという。

「弁護士に依頼して陸運局で照会をかけてもらうと、なんと堀本氏の所有する車だった。警察に足を運び、9月上旬に私文書偽造の罪で告発状を提出し、受理されました」(同前)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年11月10日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる