週刊文春 電子版

国鉄列車「キハ28」が有終の美「外房の田園風景にこれほどよく馴染む車両は他にない」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 娯楽

 カランコロン……ドゥルドゥルドゥル――。多くの鉄道ファンが愛した昭和レトロなエンジン音を響かせながら、国鉄列車がまた一つ走り去った。

 11月27日、千葉県・いすみ鉄道で定期運行最終日を迎えた「キハ28」。1961年にデビューして以来、およそ1800両が製造された国鉄急行形気動車で、2013年に同社に導入された車両が現役最後の1両となっていた。

 

 始発となった大多喜駅には全国から多くの愛好家が集まり、車両が入線する午前11時にはホームが満員状態に。乗車を待つ老若男女が駅舎の外まで長い列を作っていた。「キハ28」が幅広い世代から愛された理由を鉄道ジャーナリストの梅原淳氏が解説する。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる