週刊文春 電子版

杉田水脈に発言撤回を指示 松本新総務相が偉そうな理由

THIS WEEK「政治」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 杉田水脈総務政務官が12月2日の参院予算委員会で月刊誌「新潮45」の4年前の寄稿のうち、同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と評した部分などを謝罪、撤回すると表明した。謝罪も撤回も拒んできた杉田氏に、おわびし発言を取り消すよう指示したのが松本剛明総務相(63)だ。

東大卒の元興銀マン。従兄は藤崎一郎元駐米大使

 松本氏は、小誌のスクープに端を発する政治資金の杜撰な管理や公職選挙法違反の疑いで更迭された寺田稔前総務相の後任。自身も就任と同時に、共産党の機関紙・赤旗に政治資金パーティーをめぐる疑惑を報じられたが、「差別的言動を繰り返す杉田氏への指導で、ようやく閣僚としての最初のひと仕事を果たした」(政治部記者)。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる