週刊文春 電子版

公明党“次代の代表”に「闇パーティ疑惑」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 政治

 東京地検特捜部が捜査する、薗浦健太郎元外務副大臣のパーティ収入過少記載疑惑。「クリーンな政治」を標榜する公明党の岡本三成前財務副大臣(57)に、おなじ疑惑が浮上した。

公明党のホープ岡本氏

 岡本氏について、政治部記者が語る。

「2012年に比例で初当選。昨年の衆院選では太田昭宏前代表から譲り受けた東京12区から出て4選を果たし、財務副大臣に就任。“次代の代表”の呼び声も高い」

 創価大卒業後、シティバンクを経て、ゴールドマン・サックス証券に入社。40歳で執行役員に就任した大富豪だ。山中湖の別荘や都内に賃貸用アパートを2軒持つほか、米NYに8軒の不動産を所有。昨年の資産等報告書公開時には総資産が約7000万円と報じられたが、資産公開法では海外の不動産は価格を届け出る義務がない。米国の不動産サイトによれば、NYの物件の大半は1億円超の豪邸で、8軒の総額は約10億円。家賃収入が6000万円超に及んだ年もある。

 今回、そんな岡本氏に政治とカネの疑惑が発覚した。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる