週刊文春 電子版

宝塚 有名演出家の性加害とパワハラ

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 働き方

「清く正しく美しく」がモットーの宝塚歌劇団。だが、その陰には、強大な権力を持つ演出家によるハラスメント行為によって、涙を流すタカラジェンヌやスタッフがいた。絢爛豪華なステージの“舞台裏”を明らかにする。

 

▶︎演劇賞受賞者が「一緒に裸で寝よ」「性処理をお願い」

▶︎トップスターを罵倒 トップ娘役に「顔でかいねん」

▶︎真矢ミキは擁護「彼はすごい人。劇団にとって必要」

「メリークリスマス! 世界中の人々が様々なクリスマスを過ごす中で、私は舞台の上からご挨拶することができ、なんて幸せで特別な日なのと思っております」

雪組トップ娘役の朝月希和(宝塚歌劇団HPより)

 12月25日、タカラジェンヌの正装である緑の袴を身に着け、東京宝塚劇場の舞台に立った宝塚歌劇団・雪組トップ娘役の朝月希和(あさづききわ)は、満面の笑みで最後の挨拶を終えた。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2023年1月5・12日号

文春リークス
閉じる