週刊文春 電子版

全国連続強盗 予告した男の告白「黒幕はマニラにいる」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会

 1月19日に狛江市の邸宅で起こった惨劇。この強盗殺人を契機に、全国で類似の事件が起こっていることが浮き彫りとなる。既に複数人が逮捕されたが、裏に見え隠れする“指示役”の存在。一体、その男は何者なのか。

 

▶犯行3日前に小誌記者に「叩きが起きる」

▶黒幕からの連絡「レンタカー2台」「乗り捨てでいい」

▶犯人コードネームは「三橋」「範馬勇次郎」

▶狛江90歳女性を殴殺した4人組の卑劣手口

▶被害急増の裏に特殊詐欺グループの“転職”

▶こんな家が狙われる!被害を防ぐ3つの掟

「3、4日後に、東京で叩きが起きますよ」

 電話口の男が小誌記者にそう“予告”してきたのは、1月16日昼前のことだった。「叩き」とは、犯罪者や警察の間で「強盗」を表す隠語である。

 その男――Xは、情報提供窓口「文春リークス」を通じて連絡を寄越してきた人物。同日夕刻、彼は追加の情報を伝えてきた。

「叩きの場所は調布の方に決まったらしい」

 正確な時間や場所が示唆されたわけではない。この時点では、証言の信憑性を判断する材料がなく、Xの真意も測りかねた。

 だが3日後、記者は驚愕することになる。1月19日夜。速報ニュースが、強盗殺人事件の発生を告げていた。現場は、警視庁“調布”警察署管内にある狛江市の住宅だったのだ。

狛江の大塩さん宅

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2023年2月2日号

文春リークス
閉じる