ルフィの女たち

▶︎今村“熊本の女”に贈ったロレックスと家 ▶︎闇バイト シングルマザー45歳の残酷な結末 ▶︎警備会社が教える“今すぐできる”強盗対策

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 国際

 マニラから、遂に“ルフィ”グループが日本に強制送還されてきた。被害総額は実に60億円以上にのぼる。実行犯を操り、ビクタン収容所から指示を出し続けてきた黒幕の男たち。彼らの犯行の陰にいた、女たちに迫る。

 2月7日午前、フィリピンのニノイ・アキノ国際空港を発ったJAL746便が、日本領空に入った12時半前。搭乗していた日本人の男2人に、警視庁捜査員が逮捕状を執行した。

 今村磨人(きよと)(38)と藤田聖也(としや)(38)は、通称“ルフィ”グループの中心メンバーである。2人は後発移送組の渡邉優樹(38)、小島智信(45)らと共に、フィリピン入国管理局の施設「ビクタン収容所」に“潜伏”。日本全国を舞台とした幾多の特殊詐欺や窃盗、強盗事件を指揮してきた。被害総額は60億円以上に達する。

成田空港に到着した今村(右)と藤田

 実行犯を操り、日本国民の財産を強奪してきた黒幕。その陰には“身内”として犯罪収益を享受した女たち、あるいは、体よく利用された女たちの存在があった。

「日本に中学生の娘がいるんだ。俺ともうヤレるな」

 今村は、ビクタン収容所の中で、こんなおぞましい発言をしていたという。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年2月16日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる