夫に「100億円くらい作れないの?」三浦瑠麗夫妻の噓を暴く証拠文書

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 テレビ・ラジオ

「夫の会社経営には全く関与していない」。妻は逮捕された夫の太陽光ビジネスについてこう説明していた。だが、利益はシンガポールの会社に。彼女が49%の株を持ち、3月には役員にも就任した会社である――。

 金融立国・シンガポールのランドマークとして知られる高級ホテル「マリーナベイ・サンズ」。マリーナ湾を隔てた対岸には、41階建ての「ミレニアタワー」が聳(そび)え立つ。米国のシティバンクをはじめ世界的企業が入居し、三菱商事も現地法人を置く多国籍オフィスビルだ。この20階に入居する日系企業の経営者が逮捕されたのは、3月7日のことだった――。

 

 この日、東京地検特捜部が投資会社「トライベイキャピタル」社長の三浦清志容疑者(43)を逮捕した。兵庫の太陽光発電事業の出資金から4億2000万円を私的に使った業務上横領の疑いだ。そして今、特捜検事や司法記者が注目するのは、妻で国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)である。

 

「3月中旬までに瑠麗氏は参考人として事情聴取を受けたと見られています。彼女のシンクタンク・山猫総合研究所はトライベイ社と同じく、永田町の衆議院第一議員会館の真裏にあるオフィスビルが所在地で、事務所は仕切りもなく同じスペース。山猫の広報担当者がトライベイの社員を兼務していたこともあるなど混然一体です。1月19日にトライベイ社に家宅捜索が入った際には瑠麗氏も自らの携帯電話を押収されました」(司法記者)

 家宅捜索翌日、瑠麗氏は山猫総研のHPでこう綴っている。

〈私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ない〉

 彼女は本当に、夫の事業と「無関係」なのか――。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月30日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる